古民家の床DIYと、薪ストーブ設置DIY

DIY
Featured Video Play Icon

古民家を28万絵で購入。
夫婦で取り組む古民家の改装。

ついに床の施工。
床は大きく印象が変わるので、
早くやりたくなりますね。

でも、壁や天井のことを考えると、
貼り替えるのは一番最後。

さて、実際の施工では、
床材の下に、透湿防水シートをはってます。
隅々までしっかりはり、
継ぎ目には、気密防水テープで貼り合わせます。

それから、根太を施工。
貴重な障子戸は、ベニヤで養生をします。

夜はお隣さんのオタクへ。
窯でお米を炊くため、
薪割りのお手伝いも。

鶏をカマドに入れてたのが気になります。

江戸時代のお家で、暖炉とか、
本当に採光ですね。

翌日、床の施工を再開します。
床の施工で大事なのは、
根太のレベルです。

しっかり調整して、
根太と根太の間には、
断熱材として、「もみ殻くん炭」を使用。

もみ殻くん炭は、
畑でも使用します。
いろんなところで大活躍ですね。

床断熱をもみ殻くん炭にするのは、
施工しやすくていいですね。

もみ殻くん炭を敷き詰めたら、
合板を貼っていきます。

計算通り根太がはいっていれば、
すんなり行くはずですが・・・。

ベニヤを貼り終えたら、
クッションフロアで仕上げます。

なお、ロフトは、
無垢材で仕上げてます。

クッションフロアも、
いろいろな柄があるので、
お好みで空間を演出できます。

そして、いよいよ、
薪ストーブの設置作業。

モルタルで下地を作って、
その上に、レンガを敷きます。

目地だけでなく、
表面にもモルタルを塗ることで、
アンティーク感が増します。

薪ストーブは、
煙突も重要なのですね。

煙突の設置を専門家に依頼すると、
10万以上です。

というわけで、
今回、煙突関連の部品も自作、DIYです。