注目キーワード

廃墟復興までの道のり:庭の枯れ木、枯れ草を野焼きで除却する!

DIY
Featured Video Play Icon

「0から始める廃墟復興」のどうがです。

こうした田舎(地方)の不動産の管理は、
昔の生活道具の他にも、

庭、敷地にある、
雑草や、枯れた雑草、木の枝などの処分、
これが結構大変なのです。

せっかくだからと、堆肥にしようとしても、
すぐに堆肥になるわけでもないし。

というわけで、
多くの場合は
野焼きをして処分にすることに。

ちなみに、野焼きに関しては、
基本は法律で禁止されてますが、

条例で一部、
例外として認められてるケースもあるので、
詳細は各自治体にご確認ください。

堆肥になりにくい草、枝もあるので、
やはり野焼きは早いです。

夏は暑いし、
冬は乾燥による延焼がこわいけど、
野焼きは早い!

だから、今回の動画みたいに、
ちゃんとブロックで枠を作ってやると、
燃え広がりにくくていいですね。

ただし、ブロックを固定してしまうと、
ゴミの発生場所の近くで燃やすということが、
やりにくくなります。

なので、設置方法とか、
設置場所はよく考えてやりましょう。

あとは、重機があれば、
埋める、という手もあるのでしょうけど。

でも、今回はそんなものないので、
とにかく、移動して燃やす、
移動して燃やす。

もちろん、火を使う作業なので、
万が一のことを考えて、
ちゃんと消火の準備をしておきましょう。